ランキング | ADMIN | RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, - ブックマークに追加する
勝間和代さんおすすめのレッツノートは本当にいいものなのかスペックから検証
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法の著者勝間 和代さんが勉強の基本となる武器にレッツノートを強力ご推薦だったので、じゃあ買おうということでさっそく店頭に見に行ってきました。
結果、光学ドライブ内蔵のCF-W5かCF-Y5のどっちかだなとは思ったのですが、ディスク収納部のチャチさに驚き*1、液晶の見づらさに驚き*2、CF-Y5に至っては右クリック左クリックのやりづらさに驚きっぱなしで、正直えーと思ってしまいました。

買う気満々ででかけたのにがっかりしてしまって、もうちょっとよく調べようと思い、いろいろ比較しました。

勝間さんの重視していた部分をなるべく汲んで、もう少し俺好みのものがないか検討します。

まずレッツノートのよさを整理すると、堅牢、軽量、長時間バッテリー、2.5インチHDD、余計なソフトが入っていない、というあたりでしょうか。価格については、そんなとこをけちるなという勝間さんの教えに従い、あまり重視しないことにします。

ガンガン持ち運ぶことを考えると、俺的にはまず軽さを重視したいと思います。
堅牢さは今までレッツノートの専売特許のようなところがあったようですが、落下耐性などは現在各社製品とも横並びになりつつありますので、あって当たり前とします。

そうすると
・重さ1kgを切っているVAIO type G
・1.28kgのThinkPad X60s(core duo)
・1.24kgのdynabook SS SX/17A
・999gのFMV-BIBLO LOOX Q70TN

あたりが対抗馬なのかなと思います。*3


では次にバッテリーの持ちで絞り込みたいと思います。
今でも使っているMY機VAIO SRXはほんとにバッテリーが持たなくて困りました。今ではバッテリー買い換えるのももったいなくて電源直つなぎでしか作業できないと言う、とても意味のない状態になってます。
その反省もふまえ、使いたいときに使えるバッテリー容量であることを重視します。

そうするとVAIO type Gやdynabook SS SX/17Aの10時間超に対し、ThinkPad X60sの4時間では勝負にならないので、この時点でThinkPad X60sはなしです。大容量パック等にすればいいんでないのという話もありますが、これ以上重くなっちゃ意味ないです。
FMV-BIBLO LOOX Q70TNも大容量パックにしないと2時間しかバッテリー持たないんですが、それでも元が軽くて、バッテリー変えても1230gに収まりますから、まだ候補として残しておきます。


じゃあ残ったうちのどれかでいいじゃない!という所に落ち着きそうなのですが、どっこい、この子らはcore soloなのです。
レッツノートはcore「duo」です。VISTA搭載でcore soloでは処理能力がどうにも心許ないです。あとVAIO type Gに至っては1.8インチHDDというのも心許ない*4


ああ…じゃあやっぱりレッツノートはすごいんだ。
軽量・堅牢・長時間バッテリーのモバイルPCでは頭一つ抜けてるようです。
チャチいディスク収納蓋がいやなら光学ドライブの内蔵はあきらめてCF-T5にするのがいいのでしょうか。でも光学ドライブを別で持ち歩くのって想像するだけでタルそうです。

あきらめかけていたところ、ひとつの光明が!
NEC lavieGタイプJ の2007夏モデルがかなりぐっとくるスペックなのです。

重量1194g
対加圧150kgf
インテル(R) Core(TM) 2 Duo プロセッサー 超低電圧版 U7500
標準バッテリで約6.3時間、最大約12.6時間もの長時間駆動
薄型ACアダプタを選択可能
2.5型シリアルATAインターフェイス対応のハードディスク



もともとかなりレッツノートを意識している機種だけに、これで液晶が美しければ俺的にレッツノートのいまいちなところをしっかりカバーしているように思います。すり傷が自動修復するというのもなんだかすごいです。普通Core2Duoを載せるとバッテリーの持ちが格段に悪くなるのですが、この機種はcore duo機並に長時間使用できるようです。

5月から販売受付だそうで、ゴツすぎるのと排熱とかどうなのか気になりますが、今のところこれだなという気がしてます。とか言ってたら他社の夏モデルやレッツノートのCore 2 Duoが続々出る模様。全くパソコン選びはキリがないですね。

比較したところレッツノート夏モデルのCF-W5AはlavieタイプJとほぼ同スペック。違うのはバッテリーの持ちがレッツノートCF-W5Aの方が標準で10時間あることと、薄型ACアダプターが標準装備な事ぐらい。lavieタイプJは薄型ACと長時間バッテリーはオプションです。
あとlavieタイプJは、vistaに喰われて使用できないHDD領域が20〜30G!ほどもあるようなので、なんじゃこりゃという感じです。レッツノートもそうなのでしょうか。なんちゅう重いOS。ここは販売店などで良く確認したほうがよさそうです。

ちなみにレッツノートCF-W5Aのほうは6月までまてばXP搭載モデルも出ます。

*1 バネ跳ね上げ式?っていうのかな、昔のCDラジカセの蓋みたいな…。軽量化のためとはいえ「今時…」感が。ヨドバシの展示品でここの部分が壊れていました。あとキーが取れていたけれど、水が下に流れるデモのためわざと取ってあったのかしら。

*2 すごく画面を傾けないと最適な位置にならず、VAIO SRX3からの乗り換え組みとしてはこんな角度でヒンジがもつのかすごく心配になります。たぶんSRXが貧弱すぎなだけで取り越し苦労だとは思うんだけど。。)

*3ノートを閉じた状態でもメール見たりできるサイドショー機能のついたASUSというメーカーのノートにも1kg台のがありまして、かなりグッときたのですが、堅牢仕様ではないうえ、バッテリーも持たないそうなので候補からはずしました。

*4 同時に高パフォーマンスだと言われているフラッシュメモリー駆動タイプも発売されていますが、ひどく値が張るので、予算は重視しないと言いつつもさすがに却下です。
author:はだかんぼ, category:道具を揃える, 15:45
comments(3), trackbacks(1) ブックマークに追加する