ランキング | ADMIN | RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, - ブックマークに追加する
TOEIC受験タイミングを逃す
ぼーっとしてたらTOEICの受験受付がビシビシ締め切られていて、次回受験可能日はなんと9月末になってしまいました。
夏に受験させてくれないのはなぜ?ひどい!

●TOEIC試験日程


関係ないですけどTOEIC(R)TEST DS トレーニングで昨日700点出まして(絶対まぐれ!)、すわ受験!と思った次第です。
author:はだかんぼ, category:英語, 13:41
comments(3), trackbacks(0) ブックマークに追加する
レビュー: 松澤 喜好『英語耳』と『英語耳ドリル』
ビリーズブートキャンプを嫁さんとどっちの小遣いで買うかもめているはだかんぼです。こんにちは。二人で買えと言う話ですね…。

さておき、この『英語耳』、宮下裕介さんの海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点の中でも『奇跡の本』と称されておりまして、リスニングで壁を感じている人には本当に福音のような本です。
英語の発音にはきちんとした法則があるんだということを、とても完結に、わかりやすく書いてくれています。
例えば日本語ではアという音は1つしかありませんが、英語にはこれが3種類あります。
cot cat cut、カタカナで表すと母音は全部アの音になりますが、当然正確な発音記号は全部違います。
本書ではこの違いがどこにあるのか、また、スペルからその発音すべき音の違いを見分ける方法まで非常に明確に記述されています。
他にはI can〜とI can't〜の発音はどこが違うのかなど、発音で誰しもが行き詰まってしまう疑問にも明快に答えてくれています。
まさに奇跡の本。
また本書では、洋楽を聴きながら発音を身につけるparrot's lowの実践方法も、ていねいに解説してくれています。

私は、当初この本を買って、実は非常に難しく感じたので、途中で続編の英語耳ドリルの方を先に始めたのですが、この順番はとてもよかったと思っています。

私はこの本に取り組むに当たって、次のような経過を辿っています。

『英語耳』をざっと読む→発音バイエルにトライ→しんどすぎて挫折→『英語耳ドリル』で洋楽聞きながらparrot's lowにトライ→巻末のミニ発音バイエルで発音の全体像を把握→詳しく知りたくなった発音を『英語耳』で確認→再度『英語耳ドリル』でparrot's low→発音の違いがわからないアの母音やSの発音、lとrなどを『英語耳』で少しづつ確認

ということをやっています。『英語耳ドリル』で疑問が生じると『英語耳』にあたると言った具合です。
つまり『英語耳』の方が先に出版されましたが、中身が濃すぎてしんどいです。著者自身も『英語耳はスパルタすぎた』と述懐しています。
ですのでとりあえず『英語耳』と『英語耳ドリル』はセットで購入しておいて、『英語耳ドリル』から入ると抵抗が少ないんじゃないかと私は思います。
author:はだかんぼ, category:英語, 12:12
comments(1), trackbacks(1) ブックマークに追加する
えいご漬けに収録されているLondonderry Airとyou raise me up
『もっとえいご漬け』の歌の問題2問目にはA Londonderry Airという曲があります。
この曲には普段聞きなれない単語が多いので、ディクテーションには結構苦戦すると思いますが、ボーカルの女性の声が伸びが良くて美しいので、私はひまさえあれば何度も繰り返して聞いています。

今日たまたま、えいご漬けに収録されている曲のテンポより、もっとゆっくりしたA Londonderry Airを聞いたのですが、それが、ケルティック・ウーマン
で有名な『You Raise Me Up』(荒川静香さんがエキシビジョンに使ったことで有名になったあの曲)のサビになんだかそっくりなんです。

それでちょっと興味が沸いたので調べたら、両方ともアイルランドというキーワードでつながっており、どうやら『You Raise Me Up』は意図的にA Londonderry Airのメロディーを取り入れているようなのです。

えいご漬けをやるまで、このA Londonderry Airという曲を全く知らなかったのに、逆によく知っているYou Raise Me Upとつながっていることがわかって、とても新鮮な驚きがあったというか、ちょっと世界が広がったような気がしました。
こういうのも英語勉強の楽しみの一つなんでしょうね。

ケルティックウーマンはDanny boy(A Londonderry Airの別歌詞version)もちゃんと歌っているようなので、これはケルトの伝統的な旋律なんでしょうね。

A Londonderry Airは三宅忠明教授とみんなでえいごうたというサイトで、教授の美声とともに聞くことができます。
えいご漬けの美しい女性ボーカルのほうに慣れ親しんでいたのでちょっとカルチャーショック(笑)

You Raise Me UpとA Londonderry Airの関係性については会津の温泉旅館:原瀧blogさんの言及が面白かったです。

ちなみにこの温泉、川床が始まったそうで、予約してしまいそうです。

関連情報:wikipedia:ダニー・ボーイ
author:はだかんぼ, category:英語, 02:56
comments(0), trackbacks(0) ブックマークに追加する
TOEIC(R)TEST DS トレーニングは使えるか
評価:
---
アイイーインスティテュート
¥ 3,380
(2007-03-29)
私はTOEIC未受験なので、現時点でこのソフトがどれくらい実際の試験に効果があるのかはまだ評価できないのですが、とりあえず言えるのは、えいご漬けと比べると楽しみが薄いというか、ゲーム性は低くなっていると思います。もうちょっと問題を解いていくことが快感につながるような工夫があったらなあと思います。
あとえいご漬けのナチュラルでクリアな音声に比べて、ざらついていて、しかも若干こもったような音声なのが残念です。
設問はおそらく実際の試験の様式に即したものだと思われますので、TOEICシミュレーションとしてはきっちり作ってあるのだろうと思います。
この辺は一度私がTOEICを受けてみてレビューしなおさないといけないですね。
紙の過去問題集、TOEIC対策本などに向きあうのがおっくうな人、ちょっとした空いた時間にTOEIC試験対策をしたい人にはとても向いていると思います。
TOEICスコアの判定ができるので、他で勉強をしながら成果を測ってみるなんてこともできますね。
author:はだかんぼ, category:英語, 02:31
comments(0), trackbacks(1) ブックマークに追加する
TOEIC勉強法
勝間さんの本と同様に、英語の「勉強法」について、わかりやすくかつ実践しやすい筋道をつけてくれる良書です。
Ipodをつかえとか勉強時間は1000時間を超えろ、すきま時間を使えなど、非常に勝間さんと同じ匂いがします。
TOEIC参考書にランキングをつけてくれていたりして、これから始める人はこの本読んでおくだけで相当効率よく勉強できるのではないでしょうか?

宮下さんは36歳の時、TOEIC540点からはじめて2年ほどで900点越えしたのだそうです。
ちなみに俺は昨日DSのTOEICソフトを購入したのですが、判定結果430点でした…。
宮下さん曰く、「最初の点数は低ければ低いほどいい」そうです。がんばります。
author:はだかんぼ, category:英語, 17:08
comments(0), trackbacks(0) ブックマークに追加する
DSもっとえいご漬けのオートリスニング機能
勝間さんの本を読む前からDSの「もっとえいご漬け」を持っていたので、本を読んでからは以前にもまして使い倒しています。
このソフトの一番いいところは、実はオートリスニング機能なのではないかと思っています。
トレーニング問題をえんえん読み上げてくれるだけの機能なのですが、蓋を閉じても聞けるんです。
簡易オーディオブック的使い方ができて、バッテリーも良く持つので、一日中他の作業をしながら聞き流しています。
DSソフトディベロッパーはもっとこのオートリスニングに目をつけていいんじゃないですかね。
オートリスニング機能のあるDS宅建!とかDS簿記3級とかあったら買っちゃうと思いますけどね。
author:はだかんぼ, category:英語, 17:04
comments(0), trackbacks(3) ブックマークに追加する